就職活動応援コラム

第二新卒

ジャパネッタカタの高田さんも第二新卒だった?

先日、ある雑誌の取材でジャパネットタカタの高田明さんに

インタビューさせていただく機会がありました。

意外に知られていないことですが、

高田さんは大学卒業後に京都にある機械メーカーに入社され、

その会社を退職された後に、家業であったカメラ店を手伝うことになりました。

新卒入社された会社を2年ほどで退職されているので、

いまでいうと第二新卒ということになりますね。

(もちろん、当時は第二新卒という概念はなかったと思いますが…)

ちなみに、大学卒業と同時に新卒で就職されているので

高田さんは既卒ではありません。念のため。

 

長崎で生まれ育った高田さんが何故大阪の大学に入学され、

卒業後になぜ京都の機械メーカーに入社されたのか?

そして、なぜ短期間で退職されることになったのか?

第二新卒になったとき不安はなかったのか?

そんな高田さんの「若葉の頃」に大変興味があったので、

長崎は佐世保まで出かけて行き話を伺ってきました。

※なぜ、高田さんは第二新卒になったのか?

興味のある人はぜひ、いい就職プラザプラザ監修の

『若葉の頃~はじめは誰でもはなたれ小僧~』をご覧ください

http://k-tsushin.jp/interview/japanet-3/

 

インタビューで高田さんの生き様に触れ感じたことは

「なんて自然体な人なんだ」ということでした。

妙な言い方かもしれませんが、高田さんの生き様からは

いわゆる「アツクルシサ」みたいなものが全く感じられません。

大げさに言えば「あるがままをあるがままに受け入れる」そんな感じで、

若い頃のお話を聞いても「絶対に○○になってみせる!」といった

気負いや前のめり感といったものは一切感じられないのです。

テレビでお見かけする印象とは大きなギャップがありました。

 

ただ、目の前にある仕事に黙々と一生懸命取り組む。

目の前のことをひたすら一生懸命にやる。

その連続が未来につながっていく。

「私はシンプルに今を生きています」

そんな言葉がとても印象的なインタビューでした。

 

 

第二新卒向けの記事一覧

一覧へ

14万人が登録する既卒・第二新卒の就活支援サイト「いい就職.com」に無料登録して就職に役立つ求人・ノウハウをチェック仕様

まずは無料会員登録(1分)

ページトップ