就職活動応援コラム

面接の緊張を克服する方法

面接を受ける時というのは、誰もが緊張します。緊張というのは、良くも悪くも物事の結果を左右するものです。よくスポーツ選手は適度な緊張感が良いプレーを生むと言っていますが、面接でもそれは言えることです。

過度な緊張は相手に思い切り伝わりますし、本来の自分の姿を見せる事はできないでしょう。全く緊張しない、というのもそれはそれで考え物で、服装がルーズになったり、言葉遣いが適当になるといった事態を生んでしまいます。

おそらく面接に挑む方のほとんどは、過緊張状態にある方だと思います。ということは、緊張を和らげる方法を知っていれば、自ずと程良い緊張感へと身体が向かっていくということが言えます。そこで、面接前に知っておきたい緊張克服法を紹介します。

緊張状態に陥る精神的な要因

なぜ、面接が怖いかというと、その面接によって人生が変わってしまうかもしれない、と考えるからです。どこで働くか、何をするか、というのは人生において大部分を占めている問題であり、違う会社であれば人生も当然違ってきます。受かりたい気持ちが強ければ強いほど、緊張状態に陥ってしまうのです。

そして、もう一つ緊張を招く要因としては、「自分を大きく見せようとすること」が挙げられます。面接官に自分の良い姿を見せようとするのはいいことですが、その姿勢が強すぎると、大きな緊張を招いてしまいます。いつもとは違うことを無理にやることは、結果的に悪い印象を与えることになりかねません。

自分にプレッシャーをかけない

緊張を取り除くには、いつも通りの姿を面接官に見せる、という意識が大切です。実際に働き始めると、結局は本来の姿を見せることになります。実力以上のものを見せることは後々自分の首を絞めることになります。

また、精神面で言えば、自分に過度な期待をすることも緊張を招きます。自分に自信を持つことはとても大切なことですが、過度な期待をすることはあまりオススメできません。「自分は受かって当たり前と思いこむ」「周りに自分は絶対受かると言いふらす」などの行為は自分にプレッシャーをかけるだけです。「受かったらラッキー」くらいの気持ちでいると、例えうまくいかなくても、そこまで落ち込むこともないはずです。次の面接へ挑戦していくためにも、精神的に自分を追い込まないように注意しましょう。

緊張のほぐし方

①しっかりとした準備

就活の基本です。面接に対してとにかく準備をするようにしましょう。しっかりテスト勉強ができた試験は楽しみだったりするものです。それと同じで、企業研究・自己分析をしっかりして、良い回答が用意できた時というのは、面接が楽しみになることだってあります。万全の状態で面接に臨むようにしましょう。

②予行演習を行う

可能であれば、家族や友人に面接の予行演習をお願いしましょう。面接は初めてのことばかりなので緊張します。例えば、同じ面接を100回やったとしたら、たぶん緊張しなくなると思います。これは極論ですが、その状況に慣れるというのはとても大切です。面接官役を誰かにやってもらって、質問に回答することを繰り返し行いましょう。

注意点としては、練習通りに進まなかったときに、あたふたしないことです。面接当日の流れもありますし、練習ではされなかった質問も当然してきます。準備してきたことの中から使えるものをチョイスして臨機応変に対応していきましょう。

③ 深呼吸・ストレッチ

これは、面接当日に行えることです。目を閉じて深呼吸をして、新鮮な酸素を脳に送りこみましょう。鼻から5秒くらいかけて息を吸い、10秒くらいかけて口から吐き出します。身体が緊張して、震えが止まらないような状態に陥った場合には、面接会場の見えない場所で腕を伸ばしたり、屈伸をしたりして固まった身体を伸ばしていきましょう。

気楽な気持ちで面接に臨みましょう

面接官も人間です。もしかしたら面接官だって、すごく緊張しているかもしれません。そんなことが考えられるくらい、余裕のある状態で面接に望めたら、きっとその面接はうまくいくはずです。「しっかりしなきゃいけない」「完璧に話さないといけない」という気持ちは、一旦捨てましょう。

20代のための適性・適職検査システム「JobFit-20s」あなたにぴったりの仕事を分析します!

今さら聞けない就職活動ノウハウの記事一覧

既卒者向けの記事一覧

第二新卒向けの記事一覧

一覧へ

20万人が登録する既卒・第二新卒の就活支援サイトいい就職ドットコムに無料登録して
就職に役立つ求人・ノウハウをチェックしよう!

まずは無料会員登録

ページトップ