就職活動応援コラム

内定
既卒

【既卒で内定をもらったら、入社日はいつになる?】

 

就活を必死に行い、やっと内定を貰ったら、次に気になるは、「いつから働き始めるの?」ということではないでしょうか。入社までに書類の準備や、身だしなみの準備、他企業に内定辞退の連絡など、やらなければいけないことが山積みです。入社日がいつになるのか把握できれば、準備もゆとりをもって行えますよね。しかし、求人募集要項には入社日の記載がないことがほとんど。では、実際の入社日とはいつになるのでしょうか。

 

【春採用であれば4月入社】

既卒であれ、「新卒扱い」として新卒採用を目指すことができます。晴れて「新卒枠」として採用されれば、他の新卒者と同様に入社日は新年度の4月1日となります。入社まで期間が開く場合は、4月1日の入社前に、アルバイトや契約社員として短期間会社で勤務し、4月1日に正社員として入社するケースもあります。この時期を狙えば、新卒と同じように、既卒も研修を受けることができ、足並みを揃えることができる可能性が高いようです。

 

【秋入社であれば9~10月入社】

最近、秋入社を進めている企業が増えています。これは司法試験などで、春の新卒採用を見送った有能な人材を獲得する目的や、春採用の内定辞退者の穴埋めをする目的で行っているようです。また、海外留学者など、大学の卒業が秋シーズンのところが多く、グローバルな人材を確保する意味でも、秋入社を設定している企業は多いようです。入社日は企業ごとに設定されているので、「この日に入社する」というのはありません。

 

【中途採用の場合、入社日は基本バラバラ】

既卒の場合、通年採用を受けるのがメインとなるでしょう。通年採用は、「いい人材がいたら採用する」「人が足りないから、今すぐ来てほしい」など理由は様々。通年採用の募集は、企業がいつ内定を出すのかわからないため、入社日というのは設けていないことがほとんどです。なので、入社日は企業の担当者と相談ということになります。提示される出社日は、「内定が出た次の月の、最初の営業日」が多いようです。つまり、内定が出て1か月程度で入社となります。その他に、人材が足りていない企業などは「来週から働ける?」など、急な入社日を設定することもあるようです。企業の担当者に自己都合で特定の日から働き始めたいと相談することは可能です。しかし、100%あなたの要望が通るとは限りませんので、注意が必要です。

 

【入社時期延期の申し入れはできる?】

担当者と相談して決めた入社日に入社できないとなった場合には、入社時期の延期を申し出ることができる場合があります。しかし、いつまでも待ってくれるという訳ではありません。多くの企業が内定を出してから入社まで待てる期間は最長で2~3か月のようです。これは、3か月を超えると会社の採用ニーズや事業計画に変更が起きる可能性があるためだそうです。

 

【まとめ】

既卒として就活を行うのであれば、企業から内定が出て1か月後には働き始めると思っておいた方がいいでしょう。自分の希望する入社日と、企業が希望する入社日にミスマッチが生まれないよう、応募した企業が、どういう意図をもって採用募集を行っているかを考えて就活を行いたいところです。また、面接時に入社日はいつになるかを聞いておくと、その後の活動を、余裕をもってスムーズに行うことができるでしょう。

 

既卒者向けの記事一覧

一覧へ

14万人が登録する既卒・第二新卒の就活支援サイト「いい就職.com」に無料登録して就職に役立つ求人・ノウハウをチェック仕様

まずは無料会員登録(1分)

ページトップ