就職活動応援コラム

面接

「私服でお越しください」は、 本当に私服で行っていいのでしょうか?

面接する企業によっては、「面接には私服(カジュアルな服装)でお越しください」と言われることがあります。

面接をしに行く身として、この言葉は非常に困りものです。いっその事、スーツに指定してもらった方が楽ですよね。

業種や経営規模にもよりますが、最近、面接や説明会に参加する時の服装を問わない、という会社が増えていると言います。特にWEB系、アパレル系、デザイン系の会社などで頻繁に行われているようです。

就職・転職活動中というのは、色々と神経質になる時期です。会社側が何気なく言った一言も面接を受ける側にとっては、悩みの種となってしまいます。

「私服でお越しください」には、どのように対応したらいいのか。その方法をアドバイスしていきたいと思います。

 

■その言葉の真意とは?

「私服でお越しください」という言葉には様々な意図が考えられます。

一つは、「そんなに肩肘張らなくていいですよ」という、面接の場を和ませる意味です。スーツで面接となると、いかにも面接という感じがして、緊張感が増します。企業側も志望者の普段の姿を見たいので、私服での面接を行うようにしているのです。

「私服でお越しください」と言う会社は、普段から私服出勤のスタイルをとっている会社が多いです。私服面接にすることで、志望者が具体的に出勤している姿が想像しやすくなります。

他には、「志望者のパーソナルな部分を見たい」という意図もあります。服装を見れば、その人の人となりは何となく分かりますよね。どんな色、デザインのものを好むのか、という部分を見て、その人のパーソナルな部分を探っていきます。それによって会社のカラーにマッチする人物か判断するのです。

アパレル・ファッション系であれば、服装のセンスを審査されている可能性があります。

ただ、それ以外の業界であれば、「社会的な常識」という部分が審査対象になるはずです。

 

■本当に私服で行っていいのか?

質問に対する結論を言うと「私服でお越しください」や、募集要項に「私服可」と書かれている場合には、本当に私服で行って全く問題ありません。「スーツでも普段着でも、どちらでも構わない」が正しい表現になるかと思います。

「私服でお越しください」と言われた以上、気にせずに私服で行ってください。また、スーツで行っても構いません。節度のある服装であれば、何でもいいということです。

 

■相手に悪い印象を与える服装

何でもいいとは言うものの、服装によっては相手に良くない印象を与えることがあります。

例えば、新卒であれば、リクルートスーツを着ても問題ありませんが、社会人経験を積んだ第二新卒や、学校を卒業してから時間が経っている既卒の方がそれを着ると、どうしても仕事ができない人に見えてしまうのです。

私服で面接に臨む場合のNGな服装を以下に列挙します。

・Tシャツ&ジーパンなどラフ過ぎる格好

・色やデザインが派手すぎるシャツ

・帽子・アクセサリーなどの装飾品

・ダボダボのサイズが合っていない服

・高過ぎるヒール・露出度高めの服装(女性の場合)

 

この辺が代表的な例になります。ダメな方は挙げたらキリがありません。

「派手過ぎる」「ラフ過ぎる」「奇抜過ぎる」に当てはまる格好は基本的にNGです。

 

■どんな服装で行けばいい?

私服の場合は“節度を守る”ことが大事になってきます。ファッション系の企業の面接で、どうしても自分の個性を出したいという人は別ですが、そうでない人は無難な格好が一番です。いわゆる「オフィスカジュアル」な服装です。

スーツほどかしこまっていなくて、清潔感があり、相手に好印象を与える普段着です。

具体的には、襟付きのシャツ・ジャケット・革靴などが理想です。鞄はA4の書類がしっかりと入る大きさの派手でないものがオススメです。アルバイトの面接なら問題ないですが、正社員採用の面接でリュックを持っていくことはNGです。

通勤時間帯の出勤するビジネスマンを見て、参考にするといいかもしれません。

 

■100点の服装より、減点されない服装を

普段着に自信のない人は、服装の自由を与えられると困りますよね。

そういう方は、服装では100点を狙いに行かずに、減点されないことを意識しましょう。全く分からない人は、他の人がしている格好をそのままマネしてもいいと思います。面接官は志望者が実際に会社で働いて、クライアントやお客様と接していくところを想像します。

「私服でお越しください」と言われた場合には、自分の年齢や社風などを考慮して、減点されない無難な格好で面接に臨むようにしましょう。

 

よくある質問の記事一覧

今さら聞けない就職活動ノウハウの記事一覧

一覧へ

14万人が登録する既卒・第二新卒の就活支援サイト「いい就職.com」に無料登録して就職に役立つ求人・ノウハウをチェック仕様

まずは無料会員登録(1分)

ページトップ