就職活動応援コラム

履歴書
自己PR

履歴書の書き方ってどうすればいい?既卒編

これから既卒者として就職活動を初めて行くみなさん。

今回は誰しもが最初に悩む「履歴書」についてお伝えしたいと思います。

・新卒じゃないから大学の履歴書を使っていいのかわからない。

・職歴がないから職務経歴書もないし、中途入社では見劣りしそう。

 

そんな不安もあるかもしれませんが、全然大丈夫!

書き方の常識にとらわれなければ、新卒や経験者よりもいい履歴書を

書くことだって可能なのです!

 

ではまず、履歴書を書く場合にいったいどんなところが

企業に見られているかを知る必要があります。

 

私は企業のリクルーティングアドバイザーとして毎月様々な業種の

企業説明会に参加していますが、人事担当者が提出された履歴書を

みるポイントは共通して・・・「やる気が伝わる」かどうかなのです。

 

具体的には、

・字を綺麗に書いているか

・写真を丁寧に貼っているか

・誤字脱字はないか

・空欄はないか

といった当たり前のことです。

 

どうですか?けっこう簡単なことだと思うはずです。

しかしながら、これが意外とできていない人が多い!

 

当たり前のことを当たり前のようにできていない。

そんな履歴書を見たとき、人事担当者はその履歴書に対して

「やる気」を感じてくれるでしょうか?くれないですよね。

 

まずは基本のチェックを怠らないようにすることが、

書類通過の第一歩であることに間違いはないでしょう。

 

さて、それではここからは応用編です。

既卒であることをプラスに活かすテクニックを紹介します。

 

〈既卒の履歴書は自由に決める!〉

 

既卒の場合には履歴書の指定がありません。

 

基本的には中途入社ですが、企業は新卒の目線で採用を行っているので、

大学時代の履歴書をつかっても、新しく中途用を購入してもOKです。

 

ただしここで重要になってくるのは、「いい履歴書」を買うこと!

いい履歴書とは書き込む項目欄が多い履歴書を指します。

 

たとえば経歴の記入欄ばかりで、自己PRの欄がちょっとしかない

履歴書より、経歴の部分はシンプルで、スポーツや趣味・学生時代の

勉強内容など、記入するネタが多い履歴書の方がいいですよね。

 

既卒の方は職歴がないので、経歴の行がいくつあっても無駄です。

その分面接のときに話題になるような自己PRを書いた方が、

より有効な履歴書になるのです。

 

最近はインターネット上からフォーマットをダウンロードできる

ので、自作できる人はそれを活用するのもありです。

 

パソコンだからといって自筆に劣るわけではありませんし、

自分の字に自信がない人にはかえってプラスになるかもしれません。

 

どうですか。書き方を変えるだけで自分の履歴書はぐっと

良くなるはずです。

 

繰り返しになりますが、ポイントは「やる気が伝わらない」履歴書を

作るのではなく「やる気が伝わる」履歴書を作ることです。

 

そのためには細かいところから改善を加えていきましょう。

みなさんのいい就職を応援します!

 

いい就職プラザでは就職活動に役立つ「ビジネスマナー」「面接対策」など様々なスキルアップ講座を開催しています!

ぜひ一度ご参加くださいね! エントリーはこちらから

今さら聞けない就職活動ノウハウの記事一覧

既卒者向けの記事一覧

一覧へ

14万人が登録する既卒・第二新卒の就活支援サイト「いい就職.com」に無料登録して就職に役立つ求人・ノウハウをチェック仕様

まずは無料会員登録(1分)

ページトップ