就職活動応援コラム

就職活動
第二新卒
面接

既卒者・第二新卒者の就職活動は、失敗を恐れないメンタルな強さがポテンシャルです。

就職活動を始めるということは社会人をイメージすることです。

仕事をする上においては、幾度もの失敗を経験することになることと思います。

そんな中、就職活動を進めるうえで、常に失敗を恐れながら活動をされているメンタルの持ち主と、失敗を恐れずに意欲的な姿勢を示せるメンタルの持ち主では、会社が抱くポテンシャルは雲泥の差となります。

就職活動、これは新卒者・既卒者・第二新卒者と皆さん共通して、セミナーや説明会、企業面接の日々を続けているけれど、内定・採用には至らない。それは苦節の日々となることでしょう。落ち込んで、このまま自分は取り残されてしまうのではないか?と面接でのアピールも奥手になってしまうことはよくあります。

 

しかし、アピールすることに失敗を恐れても、あなたのメンタルは沈むばかりだと察します。

「一打一打を切り離して考える」

これはプロゴルファーの宮里藍選手がインタビューを受けていたテレビ画面で、ふと口にした言葉です。

米国ツアーに参戦した彼女は数年間、勝利など全く考えられない。

思うようにプレーできないスランプに陥りました。

そこから這い上がろうと彼女が考え至ったのが、この一言です。

 

既卒のあなたに気づいてほしいのは、彼女がゴルフの技術ではなく、「切り離して考える」と悟ったことです。

心の有り様、つまりメンタルな面にスランプ脱出の糸口を見つけた、ということです。

 

彼女はこう考えるようになったのです。

(私は今、ミスショットをした。だが、それは次のショットとは無関係だ。次のショットは全く別の一打であり、それをミスするか、グッドとするかは私であり、私にコントロールする権利がある。)

 

良いショットが打てた際は、それを自信に自身のメンタルをコントロールする。バッドショットの際は切り離して考える。

これはそのまま、既卒者の就職活動にも置き換えることができます。

 

あなたは今日の今の時点まで内定も採用も確保できないでいる。だが、それは次の、これからの結果には無関係だと考えましょう。

 

良い結果が出ない時は、失敗のことばかりが先に頭をよぎることでしょう。そうなってしまうと企業にはポテンシャル(可能性)を感じてもらうことはできません。

 

「一回、一回の面接の内容・結果を切り離して考える。」

 

次の結果を求めて、失敗を恐れず就職活動に立ち向かいましょう。

 


第二新卒向けの記事一覧

一覧へ

14万人が登録する既卒・第二新卒の就活支援サイト「いい就職.com」に無料登録して就職に役立つ求人・ノウハウをチェック仕様

まずは無料会員登録(1分)

ページトップ