ホーム > 初めての方へ > 書類を作ろう

  1. 初めての方へ
  2. 就職を考えよう
  3. 企業を探そう
  4. 書類を作ろう
  5. 面接に備えよう
  6. 選考を受けよう

書類を作ろう

用意するもの

必要なものは、3つだけ

  • 履歴書
  • 職務経歴書(第二新卒者のみ)
  • 証明写真

1. 履歴書の選び方

履歴書は、文房具屋さんで買える一般的なものを使います。
コツは、できるだけ記入できる欄が多いものを選ぶこと。
経験が少ない(もしくは、ない)第二新卒・既卒者の方は、職歴欄や資格欄が大きいものを使うと、空白スペースが目立ってしまいます。大学の履歴書のように、アピール欄や特技などが書き込めるものを選びましょう。
新卒学生の方は、大学内で買える大学指定の履歴書を使いましょう。

2. 職務経歴書の選び方

職務経歴書は、パソコンのワープロソフトで作りましょう。
マイクロソフトワードをお使いの方は、マイクロソフトオフィスのホームページからテンプレート(ひな形)がダウンロードできます。
インターネットで“職務経歴書”を検索すると、様々な書式のものが出てくるので、それらを参考にして記入しましょう。

3. 証明写真の選び方

証明写真は、写真屋さんで撮ってもらうようにし、スピード写真は使わないようにしましょう。
就職活動で着るスーツ、ネクタイを着用し、身だしなみを整えましょう。髪型の乱れや表情にも気をつけて、明るい雰囲気の写真を撮ってもらいましょう。
ネガがCD-ROMなどで貰える写真屋さんであれば、焼き増しが簡単です。

ページトップ

履歴書記入の注意点

通る書類作成のチェック点

履歴書を書くときには、以下の項目をチェックしてみてください。
ひとつでもあてはまる部分があったら、直すようにしましょう。

文字について
  • 字が汚い
  • 字がかすれている
  • 誤字脱字がある
  • 枠からはみ出している
  • 字が大きすぎる・小さすぎる
  • 修正液を使っている
  • 誤字を塗りつぶしている
  • 誤字を正しい字に太く上書きしている
  • 大きさが揃っていない
  • 列の始まり・終わりが揃っていない
  • 鉛筆で下書きしている
  • 鉛筆の下書きがきれいに消えていない
個人情報欄
  • 印鑑が歪んで押されている(斜めになっている)
  • 印鑑がかすれている
  • 朱肉が他のページについてしまっている
  • スピード写真を貼っている
  • 写真の表情が暗い
  • 自分で切った写真を使っている
学歴・資格欄
  • 小学校から記入している(中学卒業から書く)
  • 繰り返し記入する欄を「〃」などで略している
  • 学部学科が略されている
  • 免許・資格が正式名称で書かれてない
  • 西暦と和暦が混在している
履歴書の取り扱い方
  • 小さい封筒に入れている(折り目が多すぎる)
  • シワがたくさんついている
  • 折れ曲がっている

ページトップ

記入例とテンプレート

作ってみよう

下の記入例を見ながら、履歴書を書いてみましょう。

記入例はPDFファイルでダウンロードできます。

記入例をダウンロードする

Get Adobe Reader PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。
最新のAdobe Readerはこちらからダウンロードできます。

ちょっと役立つ

履歴書・職務経歴書作成のTips

  1. ボールペンは、ゲルインキ形式のものを使う
    油性ボールペンよりかすれが少なく、きれいに書けます。
  2. 志望動機、アピール欄などは、パソコンで推敲してから記入する
    字数を調整したり、書く内容を修正するのが簡単です。
  3. 履歴書は未記入のものを何枚かコピーしておき、練習用に使う
    枠内に収まるかなどの試し書きで、原本を使わずに済みます。

ページトップ

Get Flash このページをご覧になるには、最新の Adobe Flash Playerが必要です。
左のボタンをクリックして Adobe Flash Player をダウンロードしてご覧下さい。