深層心理分析で、心の叫びが聞こえる!

20代のキャリア適性診断

簡単な質問に答えるだけで、
あなたが無意識のうちに追い求める
キャリア志向がわかる!

診断
スタート!

20代のキャリア適性診断とは?

「20代のキャリア適性診断」は、マサチューセッツ工科大学のエドガー・H・シャイン博士によって提唱された「キャリア・アンカー理論」をベースに開発された適性診断コンテンツ。
簡単な質問に答えるだけで、あなた自身の深層心理を分析し、あなた自身が「どのように働きたい」と考えているのかを分析・診断します。
診断結果では、あなたの「心の叫び」とともに、今後のキャリア形成や仕事選びのアドバイスが表示されます。

全部で8タイプ!全部で8タイプ!

適性診断を受けてみる

適性診断を受けると…

深層心理分析で自分が求める「働き方」がわかる!将来の方向性が見えてくる!自分に本当に適した職種がわかる!深層心理分析で自分が求める「働き方」がわかる!将来の方向性が見えてくる!自分に本当に適した職種がわかる!

適性診断を受けてみる

診断は約2分!
簡単な質問に答えるだけ

質問は全部で24問。
直感でサクサク答えるシンプルな診断です。

直感で答えよう!直感で答えよう!

適性診断を受けてみる

キャリアアンカー理論とは?

アメリカの心理学者、エドガー・H・シャイン博士が、組織開発の研究において組織による教化や社会化が必ずしもうまくいかないことから、組織だけなく個人に注目してキャリアの研究をしたもの。
キャリア・アンカー理論─仕事や会社が変わったとしても個々人を貫く、船の錨(アンカー)のような普遍の基軸─を構築する。

エドガー・H・シャイン博士:
マサチューセッツ工科大学(MIT)において、組織開発、キャリア開発、
組織文化の分野でさまざまな専門職の発展に貢献した。

深層心理分析で、心の叫びが聞こえる!

20代のキャリア適性診断

簡単な質問に答えるだけで、
あなたが無意識のうちに追い求める
キャリア志向がわかる!

診断
スタート!